Photography

ピンク色の空を撮る方法

夕焼けの時刻、太陽と反対側の空がピンク色に染まっているのを見たことはないでしょうか。これはヴィーナスベルトと呼ばれていて、地平線・水平線からわずかに角度を上げたところにピンク色の帯ができます。当然ながら、雨や曇の日には見られませんが、大気の状態が安定している快晴の日に見られる場合が多いです。夕焼けも綺麗なのですが、個人的にこの空の色を気に入って、気づけば太陽と反対の空ばかりを見てしまいます。 &n... Read More

Photography

File:005 流し撮り

写真を日課のように撮るようになったのは小学生の頃で、近所を走る鉄道や自動車ばかりを撮っていました。それから中学生になって飛行機を撮るようになってと、動いているものばかりを撮っていたので、流し撮りを極めていた時期がありました。今はもう上手く撮れる自信がありません。   流し撮り さて、流し撮りって何という方のために説明しますと、この写真のように背景(あるいは被写体)をブレさせてスピード... Read More

Photography

File:003 写真がブレる

手ブレは初心者に立ちはだかる第一の壁ですね。高いカメラとレンズを買ったのに、なぜか思ったより綺麗にとれない、という場合の多くが手ブレだったりもします。今回はそんな手ブレという敵への対処法をご紹介します。   ブレの原因 そもそも、どうして写真がブレてしまうのでしょうか。それは、シャッターを開いているあいだに像が移動してしまっているからです。仮にカメラを固定して、被写体だけを動かした場... Read More

Photography

File:001 星の撮り方

今回から「みんなの質問」シリーズを始めます。第一回は星の写真についての質問をいただきました。星の撮影って難しいですよね。僕も苦手です。星の写真にもジャンルがいくつかあるのですが、大きく分けて2つ。ひとつは天体写真で、もうひとつは星景写真です。前者は○○星雲などを写して楽しむ科学的な写真。後者は風景を入れて撮影するもので、写真愛好家のあいだではこちらが多く好まれていますし、より手軽です。天体写真を... Read More

Philosophy

写真の構図がうまくなる話

写真を構成するもの―それは明るさや色合いなどいくつもの要素がありますが、中でも重要なのが構図です。構図によって写真はがらりと変わってしまうのに、正解はないのでなおさら難しいのです。ここでは、そんな厄介な構図の考え方を作例を通してみていきます。   写真は語る 構図の話となると、すぐに三分割法や黄金比といった理論を話してしまいがちです。この理論をつかえば、多くの場合でヒトが直感的に(統計的... Read More